雑記ブログ。あと自論。名前はまだない。

しばらくは書きたいと思ったことを書いていきます。脈絡のないブログになると思いますが、よろしくお願いします。

映画で見つめる世界のいま:2019年7月25日放送

f:id:nakatico:20190728100512p:plain

 なんか最近全然ブログを更新できないなと思っていたんですが、よくよく考えると今3ヵ月の甥っ子が家に居るんですけど、仕事から家に帰ってくるとその甥っ子の面倒をみさせられて、全然なにも作業が出来ないんですよね…(^_^;)

 親の姉曰わく、6:30~12:00までは私の担当なんだそうです。

 しかも甥っ子を私に預けてそのまま買い物に行ったりするもんだからもうね…

 映画はちゃんと観にいっているんですが、このブログの更新は甥っ子が無事家に帰ってからになるかもしれません。

 

 さて、今月のテーマはインドということで、みんな大好きインド映画2本が紹介されました。

 

 

www6.nhk.or.jp

 ということで早速いってみましょう。(^_^)/

 

あなたの名前を呼べたなら

f:id:nakatico:20190728101720j:plain

映画「あなたの名前を呼べたなら」公式サイト 2019年8/2公開

 

あらすじ:

決して交わるはずのない、ふたり。
近くて遠いふたつの世界が交差した時――。

経済発展著しいインドのムンバイ。農村出身のメイド、ラトナの夢はファッションデザイナーだ。夫を亡くした彼女が住み込みで働くのは、建設会社の御曹司アシュヴィンの新婚家庭……のはずだったが、結婚直前に婚約者の浮気が発覚し破談に。広すぎる高級マンションで暮らす傷心のアシュヴィンを気遣いながら、ラトナは身の回りの世話をしていた。ある日、彼女がアシュヴィンにあるお願いをしたことから、ふたりの距離が縮まっていくが…。

映画「あなたの名前を呼べたなら」公式サイト 2019年8/2公開

 

www.youtube.com

 

監督・製作・脚本:ロヘナ・ゲラ

監督は、アメリカで大学教育を受け、助監督や脚本家としてヨーロッパでも活躍するムンバイ出身のロヘナ・ゲラ。インドと欧米という二つの視点を持つ彼女が、差別が残るインド社会に変革を起こしたいという情熱で作り上げた本作は、2018年カンヌ国際映画祭批評家週間に出品され、見事GAN基金賞を受賞した。主演には、『モンスーン・ウェディング』(01)で注目を集めたティロタマ・ショームと、今年度アカデミー賞インド代表作『裁き』(14)のヴィヴェーク・ゴーンバル。フランス仕込みのシックなインテリアや、ラトナが目を輝かせる布市場の路地など、ムンバイのおしゃれな一面も楽しい本作。懐かしくて勇気が湧いてくる恋と目覚めの物語があたたかな喜びを連れてくる。

映画「あなたの名前を呼べたなら」公式サイト 2019年8/2公開

 

シークレット・スーパースター

f:id:nakatico:20190728102730j:plain

映画『シークレット・スーパースター』公式サイト/2019年8月9日全国順次ロードショー

 

あらすじ:

インドに暮らすインシアは、両親と祖母、弟と暮らしている。父親は、権威的で、母親に暴力をふるうこともしばしば。インシアは、歌手を夢見てギターを弾き、自分で曲を作っていた。父からは叶わない夢にうつつを抜かすなと厳しく歌を禁止されていたが、母はインシアを応援しており、ある日父親に内緒でノートパソコンを買い与える。そこでインシアは、母の提案もあってブルカで顔を隠してYOUTUBEで自分の歌う姿をアップする。するとその歌声はたちまちインド中で話題になり、新聞やTVまでもが、“シークレット・スーパースター”の話題で持ちきりとなる。自分の歌声が響き、たくさんの人に聞いてもらっていることに喜びを感じるインシア。しかし、父に隠れて歌を歌っていることがバレてしまい、投げやりになりノートパソコンを壊してしまう。そんな時、有名ではあるが若干落ち目の音楽プロデューサー、シャクティが彼女を見つける。インシアは学校にも親にも内緒で、彼女を支えてくれる友人・チンタンの助けを得てシャクティに会いに行く。最初にシャクティから渡された曲は全くインシアに合わない曲だった。上手く歌うことのできないインシアをみて、プロデューサーたちはがっかりし、諦めかけていた時、インシアはシャクティの昔のバラードを歌いたいと願い出る。そこで歌った彼女の歌声が全員の心を掴んだ。しかし帰ってきた彼女には大きな障害が立ちはだかっていたのだった・・・・・。

映画『シークレット・スーパースター』公式サイト/2019年8月9日全国順次ロードショー

 

www.youtube.com

 

監督・脚本:アドベイト・チャンダン 

俳優、脚本、製作スタッフの経験がある彼だが、今回が初の監督デビューとなる。『地上の星たち』(07)のプロダクションマネージャー、『ムンバイ・ダイアリーズ』(10)の助監督を務めたこともある。元アーミル・カーンのマネージャーでもあり、業務の傍ら脚本を書き進めていたという本作の企画に対して、アーミルは「君は僕のマネージャーなんだから、いつでもスケジュールを調整してよ」と、アドヴェイトを全面的にバックアップ。アーミルは出演とともにプロデューサーとして本作に参加。また、『フォレスト・ガンプ』のリメイクとなる新作「Lal Singh Caddha」も監督を務める予定で、アーミル・カーンが主演する。

映画『シークレット・スーパースター』公式サイト/2019年8月9日全国順次ロードショー

 

 シークレット・スーパースターにはアーミル・カーンが出演するんですね。

 これは観にいかなきゃ!(>_<)

 

 次回は9月26日です。来月はお休みみたいですね。では。