雑記ブログ。あと自論。名前はまだない。

しばらくは書きたいと思ったことを書いていきます。脈絡のないブログになると思いますが、よろしくお願いします。

アブラハムの旅路を振り返る:映画『家へ帰ろう』

f:id:nakatico:20190203092432j:plain

 久しぶりの更新になります。

 今回から最近観た映画についての紹介や解説や感想について記事にしていこうと思います。

 

 ということで今回は、スペインとアルゼンチンの合作、2017年製作の作品『家へ帰ろう(スペイン語原題:El último traje)』です。

 

 

あらすじ

88歳のユダヤ人仕立屋アブラハムは、子どもたちや孫に囲まれ、家族全員の集合写真を撮っても浮かない顔をしていた。その翌朝、住み慣れた仕立屋兼自宅を引き払い、老人施設に入ることになっていたのだ。最後に1着だけ残ったスーツを見てアブラハムはあることを決意する。家族が皆帰ってしまったその日の深夜、家を抜け出しブエノスアイレスからマドリッド行きの航空券を手配、早速飛行機に乗り込むのだった。
 ブエノスアイレスから、マドリッド、パリを経由して、ポーランドに住む70年以上会っていない親友に最後に仕立てたスーツを届けに行く旅が始まる。アブラハムは、決して「ドイツ」と「ポーランド」という言葉を発せず、紙に書いて行く先を告げていく。飛行機で隣り合わせた青年、マドリッドのホテルの女主人。パリからドイツを通らずポーランドへ列車で訪れることができないか、と四苦八苦していたアブラハムを助けるドイツ人の歴史学者など、旅の途中で出会う女性たちは、アブラハムの旅を支えようとそれぞれの環境の中で受け入れることで、アブラハムの尖った部分を柔らかくしていく。
 ポーランドに住む親友は、ユダヤ人であるアブラハム第2次大戦中、ナチスドイツによるホロコーストから逃れたアブラハムを助け、匿ってくれた命の恩人であった。アブラハムが70年前に受けた足の傷が悪化し、看護師から車いすを押されて、過去の壮絶な思い出と一緒にたどり着いた場所は、70年前と同じ佇まいをしていた。アブラハムの人生最後の旅に人と人が繋ぐ“奇跡”が訪れようとしていた。

映画「家へ帰ろう」公式サイト 2018年12月公開

 

映画『家へ帰ろう』予告編

 

スタッフ

パブロ・ソラルス(監督・脚本)

 1969年12月9日 生まれ。
ブエノスアイレスの演劇学校を卒業し、独立系劇場で舞台俳優として活躍。その後アルゼンチンとメキシコで演技指導をしながら舞台の演出も手掛ける。そしてメキシコのサン・ルイス・ポトシで演劇集団ラ・カリージャとともにモリエールの戯曲「病は気から」を発表。その後シカゴで映画を学ぶ。90年代後半にアルゼンチンに戻り、テレビの脚本を手掛ける。2002年には、脚本を担当したカルロス・ソリン監督の『Intimate Stories』(未)でアルゼンチン映画批評家協会賞脚本賞を受賞、2008年にはアルベルト・レッチ監督の『The Bottle』(未)、フアン・タラトゥーロ監督の『A Boyfriend for My Wife』(未)などで脚本を担当した。2005年、ショートフィルム『El Loro』(未)で監督デビュー、2011年には長編初監督作品『Juntos para Siempre』(未)を発表、本作は長編2作目となる。

映画「家へ帰ろう」公式サイト 2018年12月公開

 

キャスト

ミゲル・アンヘル・ソラ ( アブラハム)

f:id:nakatico:20190203094620j:plain

  1950年5月14日、アルゼンチン ブエノスアイレス生まれ。芸能一家に生まれ、母も叔母もアルゼンチンで有名な女優だった。1971年から舞台に立つようになり、1976年にはピーター・シェーファーの「エクウス」に出演し、演劇界で知られるようになる。ほかにも「エレファント・マン」、「デストラップ」、「双頭の鷲」など名作の舞台で活躍した。1973年のテレビの仕事を始め、1975年にウーゴ・フレゴネセ監督の『Beyond the Sun』で映画デビューを果たす。その後も多くの映画に出演し、フアン・ホセ・フシッド監督の「Murder in the Senate」(84/未)でアルゼンチン映画批評家協会賞主演男優賞を受賞、第41回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞したフェルナンド・E・ソラナス監督の『スール その先は…愛』(87)に主演、フアン・バウティスタ・スタナーロ監督の『Houses of Fire』(95/未)では、自身2度目となるアルゼンチン映画批評家協会賞主演男優賞を受賞した。1996年、スペイン人女優のブランカ・オテイサとの結婚を機にスペインに移住、舞台、映画、テレビで活躍する。二人の娘に恵まれるが2011年に離婚、活躍の場をアルゼンチンに戻すと、2012年に1985年生まれのスペイン人女優パウラ・カンシオと再婚した。 

映画「家へ帰ろう」公式サイト 2018年12月公開

主な出演作:

タンゴ [DVD]

タンゴ [DVD]

 

 

アンヘラ・モリーナ(マリア)

f:id:nakatico:20190203094656j:plain

 1955年10月5日、スペイン マドリード生まれ。
マドリード高等演劇学校で演劇とダンスを学ぶ。1975年、映画デビュー作であるエウヘニオ・マルティン監督の『No quiero perder la honra』で好評を博し、ルイス・ブニュエル監督の遺作『欲望のあいまいな対象』(77)に出演、共演のキャロル・ブーケとともに世界的にその名を知られるようになる。1986年には、リナ・ウェルトミューラー監督の『殺意の絆』(85/未)に主演し、イタリアのアカデミー賞に当たるダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で外国人として初めて女優賞を受賞した。さらに、マヌエル・グティエレスアラゴン監督の『天国の半分』(86)でサン・セバスティアン国際映画祭女優賞を受賞、その後もハイメ・カミーノ監督の『ベラスケスの女官たち』(88)、リドリー・スコット監督の『1492:コロンブス』(92)、ペドロ・アルモドバル監督の『ライブ・フレッシュ』(97)、ジュゼッペ・トルナトーレ監督の『題名のない子守唄』(06)、『シチリア!シチリア!』(09)など多くの作品に出演している。1999年にはベルリン第49回国際映画祭で審査委員長を務め、テレンス・マリック監督の『シン・レッド・ライン』(98)に金熊賞を与えている。

映画「家へ帰ろう」公式サイト 2018年12月公開

主な出演作:

シチリア! シチリア! [DVD]

シチリア! シチリア! [DVD]

 
欲望のあいまいな対象 [DVD]

欲望のあいまいな対象 [DVD]

 

 

アブラハムの旅路を振り返る:解説&感想

※以降の記事の内容にはネタバレを含みますのでご注意ください。

 

さて、アブラハムの旅の順路は、

 

 ブエノスアイレス(アルゼンチン)

  ↓
 マドリッド(スペイン)

  ↓
 パリ(フランス)

  ↓

 ベルリン(ドイツ)

  ↓
 ワルシャワポーランド

  ↓
 ウッチ(ポーランド

 

 てな感じでした。

 空路でもブエノスアイレスからウッチに直接行けるみたいですが、便数が数日に1便しかないのか、マドリッドまで空路で、そこから鉄道、車を使うというルートでしたね。

 

空路:ブエノスアイレス(アルゼンチン) → ウッチ(ポーランド

f:id:nakatico:20190203102534p:plain

 

空路:ブエノスアイレス(アルゼンチン) → マドリッド(スペイン)

f:id:nakatico:20190203102752p:plain

 

鉄道:マドリッド(スペイン) → ワルシャワポーランド

f:id:nakatico:20190203103413p:plain

 

 車:ワルシャワポーランド) → ウッチ(ポーランド

f:id:nakatico:20190203103733p:plain

 

 ワルシャワの看護師ゴーシャは、アブラハムにウッチに連れてってくれと言われて「マジか…」という顔をしたので、そんなに遠いのだろうか?と思ったのですが、そこまでではないですね…(^_^;)

 

 ところで、スペインとアルゼンチンの合作という都合上、マドリッドから陸路というのはわかるのですが、本当にドイツを経由しないとポーランドに到達できないのか、気になったので調べてみました。

 一応、上の画像でもわかるように、ドイツ経由というのは最もベターな方法ではあるようです。ただ、地図を見た限りだとミラノ(イタリア)経由でも行けそうな気もします。

 

ということで調べてみると…

 

鉄道:マドリッド(スペイン) → ミラノ(イタリア)

f:id:nakatico:20190203110119p:plain

 

鉄道:ミラノ(イタリア) →  ワルシャワポーランド

f:id:nakatico:20190203111029p:plain


 ということで、スペイン→フランス→イタリア→オーストリアチェコポーランドと行けばドイツを回避できたみたいなので、アブラハムは事前のリサーチ不足だったみたいです…(^_^;)

 まあ、マドリッドの駅員さんも普通に「ポーランドに行きたい」と言われればドイツ経由でキップを切るでしょうし、ストーリー上の都合もあるので多少はね。( ̄∇ ̄)

 

 後、もう一つnakaticoが疑問に感じたのが、何でホロコースト被害者のユダヤ人がアルゼンチンに住んでいるのかですね。これについては劇中でも特に語られていません。ただ、これは日本人だからよく分からないというだけでヨーロッパ人やアルゼンチン人であればワリとポピュラーな歴史的理由なので、劇中ではあえて語らなかっただけかもしれません。

 ということで、こちらについてもネットで調べてみました。

 

 …んで、結果なのですが、特に歴史的な理由はありませんでした。

 公式HPに理由が書いてあったのですが、どうもパブロ・ソラルス監督の祖父が主人公のアブラハムと同じ境遇だったようで、パブロ・ソラルス監督の家では『ポーランド』は言葉にすることもタブーとなっていたようです。

 

uchi-kaero.ayapro.ne.jp

www.moviecollection.jp

news.yahoo.co.jp

 

 この映画はそんな監督の原体験からインスピレーションを得たそうで、なぜアルゼンチンに移民したのかは映画の内容としても、監督の関心としても大きなウェイトを占めていなかったということですかね?

 まあ、南米ではアルゼンチンがユダヤ系の人口が最も多く、特にブエノスアイレスにはユダヤ人街もあるみたいなので別に不自然な話ではないみたいですね。

 

www.fukyo.co.jp

 

 監督が自身のアイデンティティを確認するため、そして何より死んだ祖父ど、その祖父が生前憎んでいたポーランドやドイツとを、例え映画の中でだけでも和解させたかったのでしょうね。だからアブラハムは親切なドイツ人やポーランド人に助けられる必要があったし、親友とも無事再会して、アブラハムが最後に仕立てたスーツを渡す必要があったのだと思います。

 内容としては多少無茶を感じるようところもありましたが、監督がこの映画を制作した想いがわかると、また映画の見方が変わりますね。

 

 なんにせよ、良いハッピーエンドでした。(^^)