雑記ブログ。あと自論。名前はまだない。

しばらくは書きたいと思ったことを書いていきます。脈絡のないブログになると思いますが、よろしくお願いします。

100分de名著 ラッセル“幸福論” 第2回「思考をコントロールせよ」

f:id:nakatico:20171114211933j:plain

第2回 思考をコントロールせよ

不幸を避け幸福を招き寄せるには「思考のコントロール」が最適であると考えるラッセルは、その訓練法を具体的に伝授する。「悩みを宇宙規模で考える」「無意識へ働きかける」「退屈に耐える」「比較をやめる」……誰もが一歩ずつ踏み出せるちょっとした実践の積み重ねが深刻な悩みの解消へとつながっていくというのだ。第二回は、不幸に傾きがちなベクトルをプラスに転換する「思考のコントロール方法」を学ぶ。

名著70 「幸福論」:100分 de 名著

 

 第1回は自己没頭、まあ簡単に言えば、

 

「自分の不幸や不運にいつまでもにしがみついて、それで幸福になれるハズないよね?」

 

 というお話しでしたが、第2回は個々の不幸の原因からの具体的な逃れ方について具体的に説明しています。

 

 一覧表はこちら

f:id:nakatico:20171115054101j:plain

 

 そして、下は番組で紹介された被害妄想からの逃れ方のテロップです。

f:id:nakatico:20171115054134j:plain

 

 その他の不幸の原因からの逃れ方については番組を観てもらうか、実際に本を読んでもらうかしてもらいたいのですが、とはいってもコレ、原因を知っているからといって必ずしも実行できるわけではないのですよね?

 別にラッセルのことを悪く言うつもりは全くないのですが、この手の話や本は、卵が先か鶏が先かといった具合に、聞き手や読み手が手段と結果を混同してしまうことが多いように思えます。

 

 不幸の原因、詳しく分解して考えれば確かにラッセルのいうように上の8つになるんであろうと思いますが、そもそもどこからそれら種々の不幸が生まれてくるかといえば、やっぱり自己没頭がその根底にあるように思えます。

 

 上の8つを改めてまとめてしまうと、

 

「ありのままの自分のままでは、周りの人達から認めてもらえない。」

 

 という誤った考え方が浮かび上がってくるわけです。

 

 なのでもし被害妄想を持った時、上のテロップに書いてあるようなことを必死に自分に言い聞かせたとしても、全く効果はないとまでは言いませんが、やっぱり限定的な効果しか期待できないと思います。

 

「ありのままの自分のままでは、周りの人達から認めてもらえない。」だから人は周りから認めてもらうために、周りの人達にとっても共通して価値があると思えるもの、例えば富や権力、あるいは周囲からの称賛を求めるわけです。

 

 ラッセルは劇作家の例を挙げて、「表現したい」という動機をもとに作品を書くことのできる作家は、作品を書いているだけで幸せだが、「称賛されたい」という動機をもとに作品をかく作家は、称賛を得られない限り不幸だ。いや「称賛されたい」という動機のもとに物事に取り組むこと自体不幸なことなんだ。と本書で説明していることを番組では紹介していました。

 この話はブログを書いている私にとっても耳の痛い話(笑)ですが、そもそもなぜ劇作家が「称賛されたい」という動機のもとに作品を書いているのかといえば、やっぱり「ありのままの自分のままでは、周りの人達から認めてもらえない。」からですよね?

 

 もしもこの不幸な劇作家が、子供の頃に

「ありのままの自分、何者でもない自分に価値がある。認めて貰える」

 という感覚を持つことができれば、そういった素敵な両親に育てられたという幸運に巡り会えたのなら、人は黙っていても他人のために行動することが出来得るし、自分自身の素直な感情をそのまま表現することができます。

 

 でも、そんな良く出来た親なんてなかなかいるもんじゃなりません。

 別に私の親だって、子供に自己肯定感を与えられるような素晴しい親だったかというと、ハッキリ言って違いますしね。(キッパリ)

 不幸な子供時代を過ごした人は、普通に成長すればまあ自分の不幸にしがみついて、つまり自己没頭に陥って、自分のことを肯定出来るような何かをがむしゃらになって手に入れようとします。


 富や権力や周囲の称賛とかですね。

 

 私は富野由悠季監督の作品の中で、ブレンパワードが一番好きなのですが、その第21話「幻視錯綜」の中で本作のヒロインである比瑪と女の子(オルファン)がこんな会話をしています。

 

比瑪「寂しがる殻というのがあってね、いつまでもそこに閉じこもってると泣いちゃうんだよ?」

女の子「寂しがる殻……?」

比瑪「うん、その殻の中に居ると、ずっと泣いちゃうんだよ? だからね、そこからは出るの」

STORY|ブレンパワード 公式Web

EMOTION the Best ブレンパワードDVD-BOX

EMOTION the Best ブレンパワードDVD-BOX

 
ブレンパワード スパイラルブック

ブレンパワード スパイラルブック

 

 

 自分の不幸の原因をいつまでも親のせいにすることはできませんね。もし本当に幸福になることを望んでいるのであれば、まず自分の不幸の殻、不運の殻からでなくてはならない。

 

 まあ、それにしたって決して簡単な話ではありませんけどね!(・ω・)

 

 ブレンパワードについては、また別の機会に大いに語りたいと思います。

 ということで今週はこの辺で。(^_^)/

 

ラッセル『幸福論』 2017年11月 (100分 de 名著)

ラッセル『幸福論』 2017年11月 (100分 de 名著)

 
『歎異抄』 2017年10月 (100分 de 名著)

『歎異抄』 2017年10月 (100分 de 名著)