雑記ブログ。あと自論。名前はまだない。

しばらくは書きたいと思ったことを書いていきます。脈絡のないブログになると思いますが、よろしくお願いします。

ポストスマートフォン「AIスピーカー」の可能性と将来性

f:id:nakatico:20170729195253j:plain

 

 現在、 Amazon Echo(アマゾンエコー)という商品がアメリカで流行しているそうです。AIスピーカーと総称される商品であるAmazon Echoのアメリカでの成功を受けて、2016年からGoogle社がGoogle Homeで市場に参入。そして今年はApple社やMicrosoft社も市場に参入することを発表しています。

 

Amazon Echo

www.youtube.com

Google Home

www.youtube.com

 

 AIスピーカー(Amazon Echo)の主な機能

 さてストスマートフォンと呼ばれて、すでに世界的なブームになりつつある(らしい)AIスピーカーですが、日本ではまだ正式に発売されていないので(年内発売予定)、どうにも馴染みが薄く、どうやって生活に活用するのかイマイチ想像しにくいですね……。(^^ゞ

 ということで、まず先発商品であるAmazon Echoの主な機能について簡単にまとめてみたいと思います。

 

 Amazon EchoAmazon社所有する人工知能Alexaを利用した音声認識ユーザーインターフェースのことで、音声認識によってさまざまな操作を実行することができます。

 Apple社でいうところのsiriですね。

 ただ、iPhoneのような携帯性はなく、基本的に家の中に置いて使用するもののようです。

 

 Amazon Echoの商品群と主な機能について簡単にまとめてみました。

 

Amazon Echo:

f:id:nakatico:20170730210521j:plain

 

 (現在のアメリカでの)主な機能は、音楽の再生(ネット上のストリーミングサービスにも対応)や、ニュース、Kindle書籍の読み上げ。また天気やスポーツのスコアなど、色々な質問に(音声で)応えてくれます。

 また、アマゾンの注文履歴から再注文できたり、ピザを頼んだり、タクシーを呼んだり、ホテルの予約を行ったりすることができます。

 またIOTの中核として機能することを想定していて、対応していればテレビやエアコン、防犯カメラなどの家電製品の操作、車のエンジンのON/OFFもAmazon Echoに話しかけることで操作可能になります。

 

Amazon Echo Dot

f:id:nakatico:20170730212316j:plain

 Amazon Echoの小型廉価版。スピーカーの容量は小さいですが、基本的な機能はAmazon Echoと同じ。

 

Echo Look:

f:id:nakatico:20170730212737j:plain

 カメラが搭載されていて、Alexaを利用したファッションチェックができます。

 

Echo Look:

www.youtube.com

Echo Show:

f:id:nakatico:20170730213533j:plain

 ディスプレイ搭載型テレビ電話や動画再生にも対応しています。

 

Echo Show

www.youtube.com

 と、ここまでAmazon Echoの主な機能について説明してきましたが、Amazon Echoスマホと同じでアプリをインストールすることで機能を追加することができます。このアプリの開発はサードパーティも自由に行えるので、これからも個人やメーカーのアイデアで次第で、面白い機能がどんどん追加されれていくことが期待できます。

 

 さて、それにしてもAmazon Echoはどうしてアメリカで大成功したのでしょうか?

 日本国内で、例えばsiriなんかをちょっと利用してみると、正直言って、とても音声入力がメインのデバイスをあえて使用したいとは思いませんね。

 ところが、Amazon Echoの高評価の理由は、まさにこの音声の認識能力の高さにあるというのだから驚きです。

 まず、Amazon Echoの集音性能はとても高く、6~7m先の音声を正確に聞き取ることができるので、わざわざマイクの近くで話す必要がなく、まるで人と話すような距離感でAlexaに指示を出すことができます。

 さらに、Alexaはユーザーの話した内容を記憶しているので、siriのように指示の内容を一度に言う必要がなく、まるで会話をするように指示することができるんだそうです。しかも、会話をすればするほど、Alexaはどんどんユーザーの特徴を記憶していくので、レスポンスがよくなるというオマケつき。これは、実際に使用してみると想像以上に画期的な機能に感じるんじゃないかと思います。

  ただ、これはあくまでアメリカでの話で、Alexaの日本語の言語精度がどの程度ものかは、実際に日本語対応版が発売されてみないとわかりません。この辺は、Amazon社の開発力に期待したいですね。

 

AIスピーカーの主な将来性

 ということで、2018年には日本でも流行するかもしれないAIスピーカーですが、将来このAIスピーカーがどのように発展していくかと考えると、実はAIスピーカーとしての商品寿命は意外に短いんじゃないかと勝手に想像しています。

 ひょっとすると、爆発的に普及して固定電話の代わりに、AIスピーカーを置くのが普通みたいになる可能性もあるかもしれませんが、どうでしょうね? 現段階ではちょっと想像ができません。

「これて、別にAIスピーカーでなくとも、スマホウェアラブル端末の組み合わせとかでも再現できるんじゃないの?」

 って思ってしまうんですよね。そしてそれは実際に可能だと思います。

 ただ、AIスピーカーの製品寿命が、音声操作のブームの終焉を意味しているわけではなくて、むしろその逆に働くのは間違いないですね。

 これから数年で、ユーザーインターフェースの主流はタッチ操作から音声操作へと移行していくと思います。どこのIT企業大手もそう感じているからこそ、大金を投じて音声アシスタントの開発を行っているわけです。

 AIスピーカーの開発競争は、次世代のUIプラットフォーム開発の前哨戦とも言えるわけでですね。

  Amazon Echoは、「まだ音声操作を外で使うのは恥ずかしいし気が引ける。でも家の中であれば人目も気にせず自由に使える。」という人達がアメリカにも相当数いて、そういう層にウケたからという理由もあるそうですが、家の中で便利に利用しているサービスを外でも使いたいと思うのは、人間の心理だと思います。まあ、人情というやつですね。

 音声操作が主流になって外で使うことにも抵抗感がなくなれば、スマホを代表とするモバイル端末も、音声操作に最適化するかたちで、ガラリとその姿を変える可能性すらあります。

 AIスピーカーは、指による操作から音声での操作へと操作の主流が移り変わっていく中で必然的に生まれてきた製品であり、そしてそのブームは、音声操作に最適化したモバイル端末が市場で受け入れられた時に終わる。もしくは成熟期に移行する。そしてその時に音声操作プラットフォーム競争の勝者が決するときなんじゃないかと今から勝手に妄想しています。

 

『AIスピーカー』に関連する商品: