雑記ブログ。あと自論。名前はまだない。

気がついたら論語を読んだ感想がメインのブログになってしまいました。そのうち何とかします。後、下らない小話的自作小説も書いていますのでお時間があれば是非!

論語 為政第二22『子曰、人而無信(人にして信なければ)』

原文:

子曰、人而無信、不知其可也、大車無軛、小車無軛、其何以行之哉、

読下し文:

子の曰わく、人にして信なければ、其の可なるを知らざるなり。大車軛(げつ)なく小車軛(げつ)なくんば、其れ何を以てかこれを行らんや。

現代語訳:

先生はおっしゃいました。「人に信義の心がなければ、何を期待して良いのかわかりません。大車と牛をつなぐ轅(ながえ)の横木がなく、小車と馬をつなぐ轅(ながえ)のくびき止めがなければ、前進できないのと同じです。」

 

 轅とくびきは、牛や馬と車をつなぐ部分ですね。このふたつの部分がなければ、牛や馬に車を引かせることが出来ないように、信義の心のない人間は、人から信用されることはないということでしょう。

 

論語』に関連する商品:

論語 (岩波文庫 青202-1)

論語 (岩波文庫 青202-1)

 
小学生のための論語

小学生のための論語