雑記ブログ。あと自論。名前はまだない。

気がついたら論語を読んだ感想がメインのブログになってしまいました。そのうち何とかします。後、下らない小話的自作小説も書いていますのでお時間があれば是非!

論語 為政第二14『子曰、君子周而不比(君子は周して比せず)』

原文:

子曰、君子周而不比、小人比而不周、

読下し文:

子の曰わく、君子は周して比せず、小人は比して周しまず。

現代語訳:

先生はおっしゃいました。「君子は、友情を大切にしますが馴れ合ったりはしません。それに対して小人は、馴合いを好みますが真の友情を育むことはありません。」

 

 え~、友情に関してはハッキリ言って専門外なので、どういう人付き合いが良いのか、どういう人付き合いが悪いのかはちょっとわかりません。(^^ゞ

 ただ、友情は自分と相手を勇気づけるもの。それに対して馴合いは自分と相手の意欲を削ぐものではないかと思います。

 あと、急き立てるというのも馴合いの特徴かもしれません。

 馴合いのイメージというと、例えば人の悪口をいうのが当たり前になっている。お互いに自慢し合うのが当たり前になっている。という、誰かを攻撃することでコミュニティが守られているという関係ですね。

「他人の悪口を言わないと、基本的に会話がない」

 なんて言うのは、赤信号かもしれませんね。

 

論語』に関連する商品:

論語 (岩波文庫 青202-1)

論語 (岩波文庫 青202-1)

 
あわいの時代の『論語』: ヒューマン2.0

あわいの時代の『論語』: ヒューマン2.0