雑記ブログ。あと自論。名前はまだない。

失業保険でなんとか暮らしているブログ主が、日々思ったこと感じたことを書いていきます。自作小説なんかも載せてます。

論語 学而第一15『子貢曰、貧而無諂( 貧しくして諂うこと無く)』

原文:

子貢曰、貧無諂、富而無驕、何如、子曰、可也、若貧而樂道、富而好禮者也、 子貢曰、詩云、如、如、其斯之謂與、 子曰、也、始可與言詩已矣、告諸往而知來者也、

読下し文:

子貢が曰わく、 貧しくして諂う(へつらう)こと無く、富みて驕(おご)ること無きは、何如。 子の曰わく、可なり。未だ貧しくして道を楽しみ、富みて礼を好む者に若(し)かざるなり。 子貢が曰わく、詩に云う、切するが如く磋するが如く、琢するが如く磨するが如しとは、其れ斯れを謂うか。子の曰わく、賜や、始めて与(とも)に詩を言うべきのみ。諸(これ)に往(おう)を告げて来を知る者なり。

現代語訳:

子貢はいいました。「貧乏であってもへつらうことがなく、金持ちになってもいばらないというのは、いかがでしょうか?」

先生は答えました。「良いと思う。でも、貧乏であっても学問を好み、金持ちであっても礼儀正しい人には及ばないと思うよ」

子貢はいいました。「詩経に『切するが如く、磋するが如く、琢するが如く、磨するが如く、』と書いているのは、まさにこのことを言っているのでしょうか?」

先生は答えました。「子貢よ、それでこそ詩について一緒に語り合えるというものだよ。君は一を聞いて十を理解する男だね」

 

  今日から平日は訓練校に通うので、ちょっとブログの更新が鈍くなると思います。

 それでも何とか、1日1記事はキープしていきたいと思います。

 

 ところで、今日は訓練校の入校日でした。

 入校した科は女性ばっかりの科で、この15年間男ばかりの環境で生活してきたnakaticoにはちょっと馴染みのないぐらいの女性社会でした。(^_^;)

 

 nakaticoうまくやっていけるのかしら…?( ̄∇ ̄)

 

 それにしても、この半年間ずっと、いつ起きて、いつ寝ても良い生活を続けてきたので、学校とは行っても拘束された時間の中で生活していくのはやっぱり大変ですね。

 でも、これまでずっとこの生活習慣の中で生活してきたのかと思い返すと、なんだか懐かしさのようなものも感じます。

 

 てか、よくやってたな! 昔の俺!(・∀・)

 

 今回学校に行くのは、資格取得のための勉強したいというのが一番の目的で、そこには全くウソはないので、今回の論語のよろしく「切磋琢磨」して頑張っていきたいですね。(^_^)

 後は訓練が修了した後、どうするかですが…

 

 それはまた、訓練が修了してから考えていきたいと思います。(^_^)

 

論語に関連する商品: