雑記ブログ。あと自論。名前はまだない。

気がついたら論語を読んだ感想がメインのブログになってしまいました。そのうち何とかします。後、下らない小話的自作小説も書いていますのでお時間があれば是非!

論語 学而第一11『子曰、父在観其志(父在せば其の志を観)』

原文:

子曰、父在観其志、父没観其行、三年無改於父之道、可謂孝

読下し文:

子の曰わく、 父在(いま)せば其の志を観(み)、父没すれば其の行いを観る。三年、父の道を改むるなきは、孝と謂(い)うべし。』

現代語訳:

先生はおっしゃいました。「父親が存命ならば、その志を観察し、父親が亡くなっていれば何をされたかに注目しなさい。父親が亡くなってから3年間、父親のやり方を改めないのは親孝行だといえるでしょう」

 

  4月から職業訓練校に行くことになったnakaticoですが、入校前に『ジョブカード』なるものを作ってこいと指示されました。

 ジョブカード……、就活もnakaticoが知らない間にまた妙なものがポピュラーになったものです。

 

 もちろん、書き方なんて全然わかりません。( ̄∇ ̄)

 

 でも安心、ハロワにキャリアコンサルなる職業の人にジョブカードの書き方について教えてくれるそうです。(^_^)

 ってことで、さっそくハロワにGO!(^_^)/

 

「ウチではそんなことやってませんよ。(・∀・)」

「え……?(・ω・)」

 

 と、受付けて一蹴。その後、受付のお姉さんにハロワ内を駆け回って情報を集めてもらった結果、どうやら「ジョブカードのセミナーを月に1回開催しているので、それに予約してね。(^_^)」ということらしい…(^_^;)

 

 なるほどね。(・∀・)

 でも、もう来週から入校なんでもうセミナーなんて待っていられません。すべては手遅れです…。(-_-)

 

 まあ、今までずっと放っておいて、ゲームばかりしていたnakaticoがわるいんですけどね…( ̄∇ ̄)

 

 もう済んでしまったことをどうこう言っても仕方ないので、自分で何とかするしかないですね。

 

 基本的な情報と用紙、書き方なんかは厚生労働省のページで確認できるので、後は見よう見まねで書こうと思います。

 

www.mhlw.go.jp

 

 要は、今までの職歴をまとめればいいでしょう!?
 (・д・)

 

 さて、では多少は論語のことも書いておきましょうか……(^_^;)

 

 3年間父親のやり方を変えないことが親孝行とありますが、そもそも中国では、両親が死んだら3年間喪に服さないといけないという風習がある(あった?)らしく、それが本当なら、変えるも変えないもないですよね?(^^ゞ

 とはいえ、変化の激しい現代社会でそんな悠長なことを言ってられるのかというが現代人の人情ってもんでしょう。

 

 でも、実は人間って急速な変化には対応できないもので、それは今も昔もそんなに変わっていないんじゃないかと思います。

 武田信玄の後を継いだ武田勝頼が大改革を行ったことで家臣の心が離れたことが武田滅亡の一端となったように、代が変わって、「俺は親父とは違うんだ」と息巻いて自分の我を通しすぎると「先代のときは良かったな」と、やっぱり社員の心は離れてしまうなんてことは良くあります。

 自分の信じる正しいやり方を貫くのも時には必要ですが、会社っていうのは一人で運営しているわけではないので、既に存在する利権や勢力、派閥なんかと折り合いをつけることも重要です。

 

 改革をするにしても、まず既存の勢力と仲良くして「自分は、現体制を破壊者ではない。敵はではないですよ」と信用を得るのに約3年。

 

 親孝行とは全然関係ない、実利的な話になっちゃいましたが、まあ元々道徳は合理的に問題を取り扱っているものだということで一つ。( ̄∇ ̄)

 

論語に関連する商品:

論語 (岩波文庫 青202-1)

論語 (岩波文庫 青202-1)