雑記ブログ。あと自論。名前はまだない。

しばらくは書きたいと思ったことを書いていきます。脈絡のないブログになると思いますが、よろしくお願いします。

『もう、不満は言わない』ようにします!

f:id:nakatico:20170309164731j:plain

 

「 21日間、不平不満を言わなければ、人生が変わる。」

 

 カンザスシティで牧師をされているウィル・ボウエンさんが、ふとした思いつきで日曜礼拝のときに信者さん達に配った紫色のシリコンブレスレット。

 

「まずブレスレットを右腕か左腕のどちらかに付けてください。不平不満を言ったらブレスレットを反対の腕に付け直してください。21日間、ブレスレットを付け直さなかったらゴールです」

 

 「引き寄せの法則」ってやつの応用のひとつですね。ウィル・ボウエンは本書で「不幸だから不平不満を言うのではなく、不平不満を言うから不幸になるんだ」と語っています。

 

 思っていても、口に出さなければOK

 

 不平不満を口にすると、言った本人はまたそれを自分の耳で聞くことになる。 不平不満は耳から入る公害だと言っています。

 不平不満を言わないことで、不平不満をいうようなことが実際に起こらないようになっていく。人生が良くなっていくって寸法です。

 

 でもまあ、そんなことを言われても実際半信半疑ですよね~。( ̄∇ ̄)

 

 ということで、nakaticoは実際にやってみるとどうなるか、今年の初めぐらいから実際にヘアゴムを代りに腕に巻いて実践しています。紫が良かったんですけど、見つからなかったので、スカイブルーな色合いのヘアゴムです。

 

 このチャレンジ、はじめてみると自分が自分で思っている以上に不平不満を言っていることに驚き、自分が自分で思っている以上にネガティブであることに落ちこむのだそうです。

 

 nakaticoははじめて現在で2ヵ月半ほど経ちました。nakaticoも始める前は自分ではそんなに不平不満を言っていないつもりでしたが、やっぱりはじめてみると一日に一回ぐらいは必ず言っているんですね。人に向かって不平不満をぶちまけるなんて事はないのですが、やっぱり一人で部屋にいると、ぽつりと一言、愚痴のような泣き言のような不平不満を口にする。nakatico自身もなんなんだろうかと思うんですよね。「口に出さなきゃ良いのに」ってね。でも、気がつくと何故か口に出してしまう。出してしまっている。不平不満の魔力とは全く恐ろしいものです。

 

 それでも、現在は多分一週間ぐらい不平不満をいわずに来ています。

 まあ、いつから言っていないのかもう忘れてしまったので、とりあえず3月いっぱい言わなかったらゴールってことでいいかな。と自分で勝手に思っています。

 

 21日以上言っていないんだからいいだろう。という具合です。

 

 そしてずっとやっていて思ったのですが、このチャレンジ、個人差があるかもしれませんが、自分が何に対して不平不満を言っているのかに気がつくことで、不平不満を口にすることが少なくなっていくことに思えます。

 

 nakaticoの場合は、一人でいると過去の失敗や嫌な思い出が、ふと頭の中に浮かんでくる。それを慌てて振り払うために、つい不平不満を口にしているんですね。

 でも、何でそんなものが浮かんでくるのか、そんなことの為に不平不満を言っているのかとよくよく考えてみると、

 

「不平不満というのは結局、うまくいっていない自分の人生への言い訳でしかない」

 

 と、こんなふうに思えてくる。

 nakaticoは現在無職ですが、例えば職探しをしていても、"やりたいこと"よりも"できること"でどうしても考えてしまう。自分の「現在」を過去を基づいて組み立てようとしているし、自分の「未来」を現在に基づいて組み立てようとしている。

 

 でも、そんなことしなくても良いんじゃないかと、不平不満を言わなくなるにつれて思えてくるんですね。そして、言い訳をしなくてもいいんじゃないかと思うにつれて不平不満を言わなくなっていく。

 多分そういうことなんだと思います。

 

 まだnakaticoも、21日間完走しきったわけではないので、もっと進んだ態度というのがあるのかもしれませんが、新しい発見があったらまたブログで紹介したいと思います。

 

もう、不満は言わないに関連する商品:

(文庫)もう、不満は言わない (サンマーク文庫)

(文庫)もう、不満は言わない (サンマーク文庫)

 
(文庫)もう、不満は言わない [人間関係編] (サンマーク文庫)

(文庫)もう、不満は言わない [人間関係編] (サンマーク文庫)