雑記ブログ。あと自論。名前はまだない。

気がついたら論語を読んだ感想がメインのブログになってしまいました。そのうち何とかします。後、下らない小話的自作小説も書いていますのでお時間があれば是非!

論語

論語 八佾第三9『子曰、夏禮吾能言之(夏の礼は吾れ能くこれを言えども)』

原文: 子曰、夏禮吾能言之、杞不足徴也、殷禮吾能言之、宋不足徴也、文献不足故也、足則吾能徴之矣、 読下し文: 子の曰わく、夏の礼は吾れ能くこれを言えども、杞は徴(しるし)とするに足らざるなり。殷の礼は吾れ能くこれを言えども、宋は徴とするに足らざ…

論語 八佾第三8『子夏問曰、巧笑倩兮(巧笑倩たり)』

原文: 子夏問曰、巧笑倩兮、美目盼兮、素以爲絢兮、何謂也、子曰、繪事後素、曰禮後乎、子曰、起予者商也、始可與言詩已矣、 読下し文: 子夏問うて曰わく、巧笑倩(せん)たり、美目盼(はん)たり、素以て絢を為すとは、何の謂いぞや。子の曰わく、絵事は素を…

論語 八佾第三7『子曰、君子無所爭(君子は争う所なし)』

原文: 子曰、君子無所爭、必也射乎、揖讓而升下、而飮、其爭也君子、 読下し文: 子の曰わく、君子は争う所なし。必ずや射か。揖譲して升り下し、而して飲ましむ。其の争いは君子なり。 現代語訳: 先生はおっしゃいました。「君子は争いを好みません。ある…

論語 八佾第三6『季氏旅於泰山、子謂冉有曰(子、冉有に謂いて曰わく)』

原文: 季氏旅於泰山、子謂冉有曰、女不能救與、對曰、不能、子曰、嗚呼、曾謂泰山不如林放乎、 読下し文: 季氏、泰山に旅す。子、冉有(ぜんゆう)に謂(い)いて曰わく、女救うこと能わざるか。対えて曰く、能わず。子の曰わく、嗚呼、曽ち泰山を林放に如かず…

論語 八佾第三5『子曰、夷狄之有君、不如諸夏之亡也 』

原文: 子曰、夷狄之有君、不如諸夏之亡也、 読下し文: 子の曰わく、夷狄の君あるは、諸夏の亡きに如かざるなり。 現代語訳: 先生はおっしゃいました。「夷狄の国にも君主がいて秩序のもとに国を治めています。それに比べて、戦で乱れた中国諸国の現状は本…

論語 八佾第三4『林放問禮之本、子曰、大哉問(大なるかな問いこと)』

原文: 林放問禮之本、子曰、大哉問、禮與其奢也寧儉、喪與其易也寧戚、 読下し文: 林放、礼の本を問う。子の曰わく、大なるかな問いこと。礼は其の奢らんよりは寧ろ倹せよ。喪は其の易(おさ)めんよりは寧ろ戚(いた)め。 現代語訳: 林放が礼の根本について…

論語 八佾第三3『子曰、人而不仁(人にして不仁ならば)』

原文: 子曰、人而不仁、如禮何、人而不仁、如樂何、 読下し文: 子の曰わく、人にして不仁ならば、礼を如何(いかん)。人にして仁ならずんば、楽を如何。 現代語訳: 先生はおっしゃいました。「思いやりの心がない者が、上辺だけの礼儀を身に付けても意味が…

論語 八佾第三2『三家者以雍徹、子曰、相維辟公(相くるは維れ辟公)』

原文: 三家者以雍徹、子曰、相維辟公、天子穆穆、奚取於三家之堂、 読下し文: 三家者、雍を以て徹す。子の曰わく、相(たす)くるは維(こ)れ辟公(へきこう)、天子は穆穆(ぼくぼく)と。奚(な)んぞ三家の堂に取らん。 現代語訳: 三家では、廟(おたまや)の祭り…

論語 八佾第三1『孔子謂季氏、八佾舞於庭(八佾、庭に舞わす)』

原文: 孔子謂季氏、八佾舞於庭、是可忍也、孰不可忍也、 読下し文: 孔子、季氏を謂わく、八佾、庭に舞わす、是をも忍ぶべくんば、孰れをか忍ぶべからざらん。 現代語訳: 先生は季氏を批評してこう言われました。「八列の舞を廟の庭で舞わせている。こんな…

論語 為政第二24『子曰、非其鬼而祭之(其の鬼に非ずしてこれを祭るは)』

原文: 子曰、非其鬼而祭之、諂也、見義不為、無勇也、 読下し文: 子の曰わく、其の鬼に非ずしてこれを祭るは、諂(へつら)いなり。義を見て為ざるは、勇なきなり。 現代語訳: 先生はおっしゃいました。「自分の家に関係ないものを祭るのは、御利益を当てに…

論語 為政第二23『子張問、十世可知也(十世知るべきか)』

原文: 子張問、十世可知也、子曰、殷因於夏禮、所損益可知也、周因於殷禮、所損益可知也、其或継周者、雖百世亦可知也、 読下し文: 子張問う、十世知るべきか。子の曰わく、殷は夏の礼に因る、損益する所知るべきなり。周は殷の礼に因る、損益する所知るべ…

論語 為政第二22『子曰、人而無信(人にして信なければ)』

原文: 子曰、人而無信、不知其可也、大車無軛、小車無軛、其何以行之哉、 読下し文: 子の曰わく、人にして信なければ、其の可なるを知らざるなり。大車軛(げつ)なく小車軛(げつ)なくんば、其れ何を以てかこれを行らんや。 現代語訳: 先生はおっしゃいまし…

論語 為政第二21『或謂孔子曰、子奚不為政(子奚ぞ政を為さざる)』

原文: 或謂孔子曰、子奚不為政、子曰、書云、孝于惟孝、友于兄弟、施於有政、是亦為政也、奚其為為政、 読下し文: 或るひと孔子に謂いて曰わく、子奚(しなん)ぞ政を為さざる。子の曰わく、書に云う、孝なるかな惟れ孝、兄弟に友に、有政に施すと。是れ亦た…

論語 為政第二20『季康子問、使民敬忠以勧(民をして敬忠にして以て勧ましむるには)』

原文: 季康子問、使民敬忠以勧、如之何、子曰、臨之以荘則敬、孝慈則忠、挙善而教不能則勧、 読下し文: 季康子問う、民をして敬忠にして以て勧ましむるには、これを如何。子の曰わく、これに臨むに荘を以ってすれば則ち敬す、孝慈ならば則ち忠あり、善を挙…

論語 為政第二19『哀公問曰、何為則民服(何を為さば則ち民服せん)』

原文: 哀公問曰、何為則民服、孔子対曰、挙直錯諸枉、則民服、挙枉錯諸直、則民不服、 読下し文: 哀公問うて曰わく、何を為さば則ち民服せん。孔子対えて曰わく、直きを挙げて諸れを枉(まが)れるに錯(お)けば則ち民服す。枉れるを挙げて諸れを直きに錯けば…

論語 為政第二18『子張学干禄、子曰、多聞闕疑(多く聞きて疑わしきを闕き)』

原文: 子張学干禄、子曰、多聞闕疑、慎言其余、則寡尤、多見闕殆、慎行其余、則寡悔、言寡尤行寡悔、禄在其中矣、 読下し文: 子張、禄を干(もと)めんとを学ぶ。子の曰わく、多く聞きて疑わしきを闕(か)き、慎みて其の余りを言えば、則ち尤寡(とがめすく)な…

論語 為政第二17『子曰、由、誨女知之乎(汝に之を知ることを誨えんか)』

原文: 子曰、由、誨女知之乎、知之為知之、不知為不知、是知也、 読下し文: 子の曰わく、由よ、汝にこれを知ることを誨(おし)えんか。これを知るをこれを知ると為し、知らざるを知らずと為せ。是れ知るなり。 現代語訳: 先生はおっしゃいました。「由よ、…

論語 為政第二16『子曰、攻乎異端、斯害也已矣』

原文: 子曰、攻乎異端、斯害也已矣、 読下し文: 子曰く、異端を攻むるは斯(こ)れ害あるのみ。 現代語訳: 先生はおっしゃいました。「聖人の道から外れた学問を勉強しても、害しかありません。」

論語 為政第二15『子曰、学而不思則罔(学びて思わざれば則ち罔し)』

原文: 子曰、学而不思則罔、思而不学則殆、 読下し文: 子の曰わく、学びて思わざれば則ち罔(くら)し、思いて学ばざれば則ち殆(あやう)し。 現代語訳: 先生はおっしゃいました。「学んでも、それを自分の考えにすることができなければ本当に身に付いたとは…

論語 為政第二14『子曰、君子周而不比(君子は周して比せず)』

原文: 子曰、君子周而不比、小人比而不周、 読下し文: 子の曰わく、君子は周して比せず、小人は比して周しまず。 現代語訳: 先生はおっしゃいました。「君子は、友情を大切にしますが馴れ合ったりはしません。それに対して小人は、馴合いを好みますが真の…

論語 為政第二13『子貢問君子、子曰、先行其言、而後従之』

原文: 子貢問君子、子曰、先行其言、而後従之、 読下し文: 子貢、君子を問う。子の曰わく、先ず其の言を行い、而(しか)して後これに従う。 現代語訳: 子貢は君子について尋ねました。先生はおっしゃいました。「まずは実行することです。その後で自分の意…

論語 為政第二12『子曰、君子不器(君子は器ならず)』

原文: 子曰、君子不器、 読下し文: 子の曰わく、君子は器ならず。 現代語訳: 先生はおっしゃいました。「君子の働きは、限定されることなく広く自由であり、器で計ることはできない。」

論語 為政第二11『子曰、温故而知新、可以為師矣』

原文: 子曰、温故而知新、可以為師矣。 読下し文: 子の曰わく、故きを温めて新しきを知る、以って師と為るべし。 現代語訳: 先生はおっしゃいました。「古い教えを大切にした上で、さらに新しい知識も習得していくのなら、人を教える師となることができる…

論語 為政第二10『子曰、視其所以(其の以す所を視)』

原文: 子曰、視其所以、観其所由、察其所安、人焉捜哉、人焉捜哉、 読下し文: 子の曰わく、其の以す所を視、其の由る所を観、其の安んずる所を察すれば、人焉(いずく)んぞ捜(かく)さんや、人焉んぞ捜さんや。 現代語訳: 先生はおっしゃいました。「その人…

論語 為政第二9『子曰、吾与回言終日(吾れ回と言うこと終日)』

原文: 子曰、吾与回言終日、不違如愚、退而省其私、亦足以発、回也不愚、 読下し文: 子の曰わく、吾れ回と言うこと終日、違わざること愚なるが如し。退きて其の私を省れば、亦以って発(あき)らかにするに足れり。回は愚ならず。 現代語訳: 先生はおっしゃ…

論語 為政第二8『子夏問孝、子曰、色難』

原文: 子夏問孝、子曰、色難、有事弟子服其労、有酒食先生饌、曾是以為孝乎、 読下し文: 子夏、孝を問う。子の曰わく、色難し。事あれば弟子その労に服し、酒食あれば先生に饌(せん)す。曾(すなわ)ち是(これ)以って孝と為さんや。 現代語訳: 子夏が…

論語 為政第二7『子游問孝、子曰、今之孝者(今の孝は是れ能く養なうを謂う)』

原文: 子游問孝、子曰、今之孝者、是謂能養、至於犬馬、皆能有養、不敬何以別、 読下し文: 子游(しゆう)、孝を問う。子の曰わく、今の孝は是れ能く養なうを謂う。犬馬に至るまで皆な能く養なうこと有り。敬せざれば何を以って別たん。 現代語訳: 子游が…

論語 為政第二6『孟武伯問孝、子曰、父母唯其疾之憂』

原文: 孟武伯問孝、子曰、父母唯其疾之憂、 読下し文: 孟武伯、孝を問う。子の曰わく、父母には唯(た)だ其(そ)の疾(やまい)をこれ憂う。 現代語訳: 孟武伯が孝について先生に尋ねました。孔子はおっしゃいました「ご両親には、ただ自分の病気のこと…

論語 為政第二5『孟懿子問孝、子曰、無違(違うこと無し)』

原文: 孟懿子問孝、子曰、無違、樊遲御、子告之曰、孟孫問孝於我、我對曰無違、樊遲曰、何謂也、子曰、生事之以禮、死葬之以禮、祭之以禮、 読下し文: 孟懿子、孝を問う。子の曰わく、違うこと無し。樊遅、御たり。子これに告げて曰く、孟孫、孝を我に問う…

論語 為政第二4『子曰、吾十有五而志乎学(吾十有五にして学に志す)』

原文: 子曰、吾十有五而志乎学、三十而立、四十而不惑、五十而知天命、六十而耳順、七十而従心所欲、不踰矩、 読下し文: 子の曰わく、吾十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順う。七十にして心の…

論語 為政第二3『子曰、導之以政(これを導くに政を以ってし)』

原文: 子曰、導之以政、斉之以刑、民免而無恥、導之以徳、斉之以礼、有恥且格、 読下し文: 子の曰わく、これを導くに政を以ってし、之を斉(とと)うるに刑を以ってすれば、民免れて恥ずること無し。これを導くに徳を以ってし、これを斉えるに礼を以ってす…

論語 為政第二2『子曰、詩三百』

原文: 子曰、詩三百、一言以蔽之、曰思無邪、 読下し文: 子の曰わく、詩三百、一言以てこれを蔽(おお)う、曰わく思い邪(よこしま)なし。 現代語訳: 先生はおっしゃいました。「詩経の三百篇を、ただ一言でまとめてしまえば、それは、『心の思いに邪なし』…

論語 為政第二1『子曰、不患人之不己知(政を為すは徳を以ってすれば)』

原文: 子曰、為政以徳、譬如北辰居其所、而衆星共之、 読下し文: 子の曰わく、政(まつりごと)を為すは徳を以ってすれば、譬(たと)えば北辰の其の所に居りて、衆星のこれに共するがごとし。 現代語訳: 先生はおっしゃいました。「政治をするのに道徳を…

論語 学而第一16『子曰、不患人之不己知(人の己れを知らざることを患えず)』

原文: 子曰、不患人之不己知、患己不知人也、 読下し文: 子の曰わく、人の己れを知らざることを患(うれ)えず、人を知らざることを患う。 現代語訳: 先生はおっしゃいました。 「自分が人から認められないことを気にかけるのではなく、自分が人を認めよ…

論語 学而第一15『子貢曰、貧而無諂( 貧しくして諂うこと無く)』

原文: 子貢曰、貧而無諂、富而無驕、何如、子曰、可也、未若貧而樂道、富而好禮者也、 子貢曰、詩云、如切如磋、如琢如磨、其斯之謂與、 子曰、賜也、始可與言詩已矣、告諸往而知來者也、 読下し文: 子貢が曰わく、 貧しくして諂う(へつらう)こと無く、…

論語 学而第一14『子曰、君子食無求飽(君子は食飽かんことを求むること無く)』

原文: 子曰、君子食無求飽、居無求安、敏於事而慎於言、就有道而正焉、可謂好学也已矣、 読下し文: 子の曰わく、君子は食飽かんことを求むること無く、居安らかんことを求むること無し。事に敏にして言に慎み、有道に就きて正す。学を好むと謂うべきのみ。…

論語 学而第一13『有子曰、信近於義(信、義に近ければ)』

原文: 有子曰、信近於義、言可復也、恭近於礼、遠恥辱也、因不失其親、亦可宗也、 読下し文: 有子が曰わく、信、義に近ければ、言復むべし。恭、礼に近ければ、恥辱に遠ざかる。因ること、其の親を失わざれば、亦た宗(そう)とすべし。 現代語訳: 有子は…

論語 学而第一12『有子曰、礼之用和為貴(礼の用は和を貴しと為す)』

原文: 有子曰、礼之用和為貴、先王之道斯為美、小大由之、有所不行、知和而和、不以礼節之、亦不可行也、 読下し文: 有子が曰わく、礼の用は和を貴しと為す。先王の道も斯れを美と為す。小大これに由るも行なわれざる所あり。和を知りて和すれども、礼を以…

論語 学而第一11『子曰、父在観其志(父在せば其の志を観)』

原文: 子曰、父在観其志、父没観其行、三年無改於父之道、可謂孝矣、 読下し文: 子の曰わく、 父在(いま)せば其の志を観(み)、父没すれば其の行いを観る。三年、父の道を改むるなきは、孝と謂(い)うべし。』 現代語訳: 先生はおっしゃいました。「…

論語 学而第一10『子禽問於子貢曰、夫子至於是邦也(夫子の是の邦に至るや)』

原文: 子禽問於子貢曰、夫子至於是邦也、必聞其政、求之興、抑興之興、子貢曰、夫子温良恭儉譲以得之、夫子之求之也、其諸異乎人之求之與、 読下し文: 子禽、子貢に問いて曰く、夫子の是の邦に至るや、必らず其の政を聞く。これを求めたるか、抑も(そもそ…

論語 学而第一9『曾子曰、慎終追遠(終わりを慎み遠きを追えば)』

原文: 曾子曰、慎終追遠、民徳帰厚矣、 読下し文: 曾子の曰わく、終わりを慎み遠きを追えば、民の徳、厚きに帰す。 現代語訳: 曾子はおっしゃいました。 「上にたつ者が、亡くなった者を丁重に弔い、先人たちを厚く敬えば、国民の国を想う心も、それに感…

論語 学而第一8『子曰、君子不重則不威(君子、重からざれば則ち威あらず)』

原文: 子曰、君子不重則不威、学則不個、主忠信、無友不如己者、過則勿憚改、 読下し文: 子の曰わく、君子、重からざれば則ち威あらず。学べば則ち固ならず。忠信を主とし、己に如かざる者を友とすること無かれ。過ちてば則ち改むるに憚る(はばかる)こと…

論語 学而第一7『子夏曰、賢賢易色(賢を賢として色に易え)』

原文: 子夏曰、賢賢易色、事父母能竭其力、事君能致其身、与朋友交、言而有信、雖曰未学、吾必謂之学矣。 読下し文: 子夏が曰わく、賢を賢として色に易(か)え、父母に事(つか)えては能く其の力を竭(つく)し、君に事えて能くその身を致し、朋友と交わ…

論語 学而第一6『子曰、弟子入則孝(弟子、入りては則ち孝)』

原文: 子曰、弟子入則孝、出則悌、謹而信、汎愛衆而親仁、行有余力、則以学文、 読下し文: 子の曰わく、弟子、入りては則ち孝、出でては則ち悌、謹しみて信あり、汎(ひろ)く衆を愛して仁に親しみ、行ないて余力あれば、則ち以つて文を学ぶ。 現代語訳: …

論語 学而第一5『子曰、道千乗之国(千乗の国を導くに)』

原文: 子曰、道千乗之国、敬事而信、節用而愛人、使民以時。 読下し文: 子の曰わく、千乗の国を導くに、事を敬んて信、用を節して人を愛し、民を使うに時を以てす。 現代語訳: 先生はおっしゃいました。「諸侯の国を良く治めるには、慎重に事業を選び、一…

論語 学而第一4『曾子曰、吾日三省吾身(吾れ日に三たび吾が身を省みる)』

原文: 曾子曰、吾日三省吾身、 為人謀而忠乎、 与朋友交言而不信乎、 伝不習乎、 読下し文: 曾子のわ曰く、吾(わ)れ日に三たび吾が身を省みる。 人の為めに謀りて忠ならざるか、 朋友と交わりて信ならざるか、 習わざるを伝うるか。 現代語訳: 曾子はお…

論語 学而第一3『 子曰、巧言令色…』

原文:子曰、巧言令色、鮮矣仁、 読下し文: 子の曰わく、巧言令色、鮮(すく)なし仁。 現代語訳: 先生はおっしゃいました、「人から気に入られたいと口先だけうまいことを言って中身が伴わない人間には、仁の徳などほとんどないものだよ」

論語 学而第一2『有子曰、其為人也(其の人と為りや)』

原文: 有子曰、其為人也、孝弟而好犯上者、鮮矣、 不好犯上而好作乱者、未之有也、君子務本、本立而道生、孝弟也者、其為仁之本與、 読下し文: 有子が曰わく、其の人と為りや、孝弟(こうてい)にして上を犯すを好む者は鮮(すく)なし。 上を犯すことを好…

論語 学而第一1『子曰、学而時習之(学びて時にこれを習う)』

原文: 子曰、学而時習之、不亦説乎、 有朋自遠方来、不亦楽乎、 人不知而不慍、不亦君子乎、 読下し文: 子の曰わく、 学びて時にこれを習う、亦た説(よろこ)ばしからずや。 朋あり、遠方より来たる、亦た楽しからずや。 人知らずして慍(うら)みず、亦た君…