雑記ブログ。あと自論。名前はまだない。

失業保険でなんとか暮らしているブログ主が、日々思ったこと感じたことを書いていきます。自作小説なんかも載せてます。

為政第二

論語 為政第二18『子張学干禄、子曰、多聞闕疑(多く聞きて疑わしきを闕き)』

原文: 子張学干禄、子曰、多聞闕疑、慎言其余、則寡尤、多見闕殆、慎行其余、則寡悔、言寡尤行寡悔、禄在其中矣、 読下し文: 子張、禄を干(もと)めんとを学ぶ。子の曰わく、多く聞きて疑わしきを闕(か)き、慎みて其の余りを言えば、則ち尤寡(とがめすく)な…

論語 為政第二17『子曰、由、誨女知之乎(汝に之を知ることを誨えんか)』

原文: 子曰、由、誨女知之乎、知之為知之、不知為不知、是知也、 読下し文: 子の曰わく、由よ、汝にこれを知ることを誨(おし)えんか。これを知るをこれを知ると為し、知らざるを知らずと為せ。是れ知るなり。 現代語訳: 先生はおっしゃいました。「由よ、…

論語 為政第二16『子曰、攻乎異端、斯害也已矣』

原文: 子曰、攻乎異端、斯害也已矣、 読下し文: 子曰く、異端を攻むるは斯(こ)れ害あるのみ。 現代語訳: 先生はおっしゃいました。「聖人の道から外れた学問を勉強しても、害しかありません。」

論語 為政第二15『子曰、学而不思則罔(学びて思わざれば則ち罔し)』

原文: 子曰、学而不思則罔、思而不学則殆、 読下し文: 子の曰わく、学びて思わざれば則ち罔(くら)し、思いて学ばざれば則ち殆(あやう)し。 現代語訳: 先生はおっしゃいました。「学んでも、それを自分の考えにすることができなければ本当に身に付いたとは…

論語 為政第二14『子曰、君子周而不比(君子は周して比せず)』

原文: 子曰、君子周而不比、小人比而不周、 読下し文: 子の曰わく、君子は周して比せず、小人は比して周しまず。 現代語訳: 先生はおっしゃいました。「君子は、友情を大切にしますが馴れ合ったりはしません。それに対して小人は、馴合いを好みますが真の…

論語 為政第二13『子貢問君子、子曰、先行其言、而後従之』

原文: 子貢問君子、子曰、先行其言、而後従之、 読下し文: 子貢、君子を問う。子の曰わく、先ず其の言を行い、而(しか)して後これに従う。 現代語訳: 子貢は君子について尋ねました。先生はおっしゃいました。「まずは実行することです。その後で自分の意…

論語 為政第二12『子曰、君子不器(君子は器ならず)』

原文: 子曰、君子不器、 読下し文: 子の曰わく、君子は器ならず。 現代語訳: 先生はおっしゃいました。「君子の働きは、限定されることなく広く自由であり、器で計ることはできない。」

論語 為政第二11『子曰、温故而知新、可以為師矣』

原文: 子曰、温故而知新、可以為師矣。 読下し文: 子の曰わく、故きを温めて新しきを知る、以って師と為るべし。 現代語訳: 先生はおっしゃいました。「古い教えを大切にした上で、さらに新しい知識も習得していくのなら、人を教える師となることができる…

論語 為政第二10『子曰、視其所以(其の以す所を視)』

原文: 子曰、視其所以、観其所由、察其所安、人焉捜哉、人焉捜哉、 読下し文: 子の曰わく、其の以す所を視、其の由る所を観、其の安んずる所を察すれば、人焉(いずく)んぞ捜(かく)さんや、人焉んぞ捜さんや。 現代語訳: 先生はおっしゃいました。「その人…

論語 為政第二9『子曰、吾与回言終日(吾れ回と言うこと終日)』

原文: 子曰、吾与回言終日、不違如愚、退而省其私、亦足以発、回也不愚、 読下し文: 子の曰わく、吾れ回と言うこと終日、違わざること愚なるが如し。退きて其の私を省れば、亦以って発(あき)らかにするに足れり。回は愚ならず。 現代語訳: 先生はおっしゃ…

論語 為政第二8『子夏問孝、子曰、色難』

原文: 子夏問孝、子曰、色難、有事弟子服其労、有酒食先生饌、曾是以為孝乎、 読下し文: 子夏、孝を問う。子の曰わく、色難し。事あれば弟子その労に服し、酒食あれば先生に饌(せん)す。曾(すなわ)ち是(これ)以って孝と為さんや。 現代語訳: 子夏が…

論語 為政第二7『子游問孝、子曰、今之孝者(今の孝は是れ能く養なうを謂う)』

原文: 子游問孝、子曰、今之孝者、是謂能養、至於犬馬、皆能有養、不敬何以別、 読下し文: 子游(しゆう)、孝を問う。子の曰わく、今の孝は是れ能く養なうを謂う。犬馬に至るまで皆な能く養なうこと有り。敬せざれば何を以って別たん。 現代語訳: 子游が…

論語 為政第二6『孟武伯問孝、子曰、父母唯其疾之憂』

原文: 孟武伯問孝、子曰、父母唯其疾之憂、 読下し文: 孟武伯、孝を問う。子の曰わく、父母には唯(た)だ其(そ)の疾(やまい)をこれ憂う。 現代語訳: 孟武伯が孝について先生に尋ねました。孔子はおっしゃいました「ご両親には、ただ自分の病気のこと…

論語 為政第二5『孟懿子問孝、子曰、無違(違うこと無し)』

原文: 孟懿子問孝、子曰、無違、樊遲御、子告之曰、孟孫問孝於我、我對曰無違、樊遲曰、何謂也、子曰、生事之以禮、死葬之以禮、祭之以禮、 読下し文: 孟懿子、孝を問う。子の曰わく、違うこと無し。樊遅、御たり。子これに告げて曰く、孟孫、孝を我に問う…

論語 為政第二4『子曰、吾十有五而志乎学(吾十有五にして学に志す)』

原文: 子曰、吾十有五而志乎学、三十而立、四十而不惑、五十而知天命、六十而耳順、七十而従心所欲、不踰矩、 読下し文: 子の曰わく、吾十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順う。七十にして心の…

論語 為政第二3『子曰、導之以政(これを導くに政を以ってし)』

原文: 子曰、導之以政、斉之以刑、民免而無恥、導之以徳、斉之以礼、有恥且格、 読下し文: 子の曰わく、これを導くに政を以ってし、之を斉(とと)うるに刑を以ってすれば、民免れて恥ずること無し。これを導くに徳を以ってし、これを斉えるに礼を以ってす…

論語 為政第二2『子曰、詩三百』

原文: 子曰、詩三百、一言以蔽之、曰思無邪、 読下し文: 子の曰わく、詩三百、一言以てこれを蔽(おお)う、曰わく思い邪(よこしま)なし。 現代語訳: 先生はおっしゃいました。「詩経の三百篇を、ただ一言でまとめてしまえば、それは、『心の思いに邪なし』…

論語 為政第二1『子曰、不患人之不己知(政を為すは徳を以ってすれば)』

原文: 子曰、為政以徳、譬如北辰居其所、而衆星共之、 読下し文: 子の曰わく、政(まつりごと)を為すは徳を以ってすれば、譬(たと)えば北辰の其の所に居りて、衆星のこれに共するがごとし。 現代語訳: 先生はおっしゃいました。「政治をするのに道徳を…