雑記ブログ。あと自論。名前はまだない。

失業保険でなんとか暮らしているブログ主が、日々思ったこと感じたことを書いていきます。自作小説なんかも載せてます。

論語 為政第二18『子張学干禄、子曰、多聞闕疑(多く聞きて疑わしきを闕き)』

原文: 子張学干禄、子曰、多聞闕疑、慎言其余、則寡尤、多見闕殆、慎行其余、則寡悔、言寡尤行寡悔、禄在其中矣、 読下し文: 子張、禄を干(もと)めんとを学ぶ。子の曰わく、多く聞きて疑わしきを闕(か)き、慎みて其の余りを言えば、則ち尤寡(とがめすく)な…

論語 為政第二17『子曰、由、誨女知之乎(汝に之を知ることを誨えんか)』

原文: 子曰、由、誨女知之乎、知之為知之、不知為不知、是知也、 読下し文: 子の曰わく、由よ、汝にこれを知ることを誨(おし)えんか。これを知るをこれを知ると為し、知らざるを知らずと為せ。是れ知るなり。 現代語訳: 先生はおっしゃいました。「由よ、…

論語 為政第二16『子曰、攻乎異端、斯害也已矣』

原文: 子曰、攻乎異端、斯害也已矣、 読下し文: 子曰く、異端を攻むるは斯(こ)れ害あるのみ。 現代語訳: 先生はおっしゃいました。「聖人の道から外れた学問を勉強しても、害しかありません。」

論語 為政第二15『子曰、学而不思則罔(学びて思わざれば則ち罔し)』

原文: 子曰、学而不思則罔、思而不学則殆、 読下し文: 子の曰わく、学びて思わざれば則ち罔(くら)し、思いて学ばざれば則ち殆(あやう)し。 現代語訳: 先生はおっしゃいました。「学んでも、それを自分の考えにすることができなければ本当に身に付いたとは…

論語 為政第二14『子曰、君子周而不比(君子は周して比せず)』

原文: 子曰、君子周而不比、小人比而不周、 読下し文: 子の曰わく、君子は周して比せず、小人は比して周しまず。 現代語訳: 先生はおっしゃいました。「君子は、友情を大切にしますが馴れ合ったりはしません。それに対して小人は、馴合いを好みますが真の…

論語 為政第二13『子貢問君子、子曰、先行其言、而後従之』

原文: 子貢問君子、子曰、先行其言、而後従之、 読下し文: 子貢、君子を問う。子の曰わく、先ず其の言を行い、而(しか)して後これに従う。 現代語訳: 子貢は君子について尋ねました。先生はおっしゃいました。「まずは実行することです。その後で自分の意…

論語 為政第二12『子曰、君子不器(君子は器ならず)』

原文: 子曰、君子不器、 読下し文: 子の曰わく、君子は器ならず。 現代語訳: 先生はおっしゃいました。「君子の働きは、限定されることなく広く自由であり、器で計ることはできない。」

SS小説「アレルギー源」

「こちらが、今回の検査結果になります。」 と気多(けた)は、診察室の子供の隣の丸椅子に座った女性にさっそく検査報告書を渡した。 そして自分は机の上のモニターに映し出された検査結果を見ながら言った。 「前回おっしゃったとおり、確かにお子さんには多…

論語 為政第二11『子曰、温故而知新、可以為師矣』

原文: 子曰、温故而知新、可以為師矣。 読下し文: 子の曰わく、故きを温めて新しきを知る、以って師と為るべし。 現代語訳: 先生はおっしゃいました。「古い教えを大切にした上で、さらに新しい知識も習得していくのなら、人を教える師となることができる…

論語 為政第二10『子曰、視其所以(其の以す所を視)』

原文: 子曰、視其所以、観其所由、察其所安、人焉捜哉、人焉捜哉、 読下し文: 子の曰わく、其の以す所を視、其の由る所を観、其の安んずる所を察すれば、人焉(いずく)んぞ捜(かく)さんや、人焉んぞ捜さんや。 現代語訳: 先生はおっしゃいました。「その人…

論語 為政第二9『子曰、吾与回言終日(吾れ回と言うこと終日)』

原文: 子曰、吾与回言終日、不違如愚、退而省其私、亦足以発、回也不愚、 読下し文: 子の曰わく、吾れ回と言うこと終日、違わざること愚なるが如し。退きて其の私を省れば、亦以って発(あき)らかにするに足れり。回は愚ならず。 現代語訳: 先生はおっしゃ…

論語 為政第二8『子夏問孝、子曰、色難』

原文: 子夏問孝、子曰、色難、有事弟子服其労、有酒食先生饌、曾是以為孝乎、 読下し文: 子夏、孝を問う。子の曰わく、色難し。事あれば弟子その労に服し、酒食あれば先生に饌(せん)す。曾(すなわ)ち是(これ)以って孝と為さんや。 現代語訳: 子夏が…

論語 為政第二7『子游問孝、子曰、今之孝者(今の孝は是れ能く養なうを謂う)』

原文: 子游問孝、子曰、今之孝者、是謂能養、至於犬馬、皆能有養、不敬何以別、 読下し文: 子游(しゆう)、孝を問う。子の曰わく、今の孝は是れ能く養なうを謂う。犬馬に至るまで皆な能く養なうこと有り。敬せざれば何を以って別たん。 現代語訳: 子游が…

論語 為政第二6『孟武伯問孝、子曰、父母唯其疾之憂』

原文: 孟武伯問孝、子曰、父母唯其疾之憂、 読下し文: 孟武伯、孝を問う。子の曰わく、父母には唯(た)だ其(そ)の疾(やまい)をこれ憂う。 現代語訳: 孟武伯が孝について先生に尋ねました。孔子はおっしゃいました「ご両親には、ただ自分の病気のこと…

論語 為政第二5『孟懿子問孝、子曰、無違(違うこと無し)』

原文: 孟懿子問孝、子曰、無違、樊遲御、子告之曰、孟孫問孝於我、我對曰無違、樊遲曰、何謂也、子曰、生事之以禮、死葬之以禮、祭之以禮、 読下し文: 孟懿子、孝を問う。子の曰わく、違うこと無し。樊遅、御たり。子これに告げて曰く、孟孫、孝を我に問う…

論語 為政第二4『子曰、吾十有五而志乎学(吾十有五にして学に志す)』

原文: 子曰、吾十有五而志乎学、三十而立、四十而不惑、五十而知天命、六十而耳順、七十而従心所欲、不踰矩、 読下し文: 子の曰わく、吾十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順う。七十にして心の…

論語 為政第二3『子曰、導之以政(これを導くに政を以ってし)』

原文: 子曰、導之以政、斉之以刑、民免而無恥、導之以徳、斉之以礼、有恥且格、 読下し文: 子の曰わく、これを導くに政を以ってし、之を斉(とと)うるに刑を以ってすれば、民免れて恥ずること無し。これを導くに徳を以ってし、これを斉えるに礼を以ってす…

論語 為政第二2『子曰、詩三百』

原文: 子曰、詩三百、一言以蔽之、曰思無邪、 読下し文: 子の曰わく、詩三百、一言以てこれを蔽(おお)う、曰わく思い邪(よこしま)なし。 現代語訳: 先生はおっしゃいました。「詩経の三百篇を、ただ一言でまとめてしまえば、それは、『心の思いに邪なし』…

論語 為政第二1『子曰、不患人之不己知(政を為すは徳を以ってすれば)』

原文: 子曰、為政以徳、譬如北辰居其所、而衆星共之、 読下し文: 子の曰わく、政(まつりごと)を為すは徳を以ってすれば、譬(たと)えば北辰の其の所に居りて、衆星のこれに共するがごとし。 現代語訳: 先生はおっしゃいました。「政治をするのに道徳を…

論語 学而第一16『子曰、不患人之不己知(人の己れを知らざることを患えず)』

原文: 子曰、不患人之不己知、患己不知人也、 読下し文: 子の曰わく、人の己れを知らざることを患(うれ)えず、人を知らざることを患う。 現代語訳: 先生はおっしゃいました。 「自分が人から認められないことを気にかけるのではなく、自分が人を認めよ…

健康関連の記事を、別ブログに移転することにしました。

さっそく本題に入ります。 今まで健康関連の記事をいくつか書きましたが、今後の展望と、やっぱり読者の方の記事へのアクセスのしやすさを考えて、別のブログに移転することにしました。 移転先のブログ: nakatico-bf.hatenablog.com 今まで毎日更新を目標…

論語 学而第一15『子貢曰、貧而無諂( 貧しくして諂うこと無く)』

原文: 子貢曰、貧而無諂、富而無驕、何如、子曰、可也、未若貧而樂道、富而好禮者也、 子貢曰、詩云、如切如磋、如琢如磨、其斯之謂與、 子曰、賜也、始可與言詩已矣、告諸往而知來者也、 読下し文: 子貢が曰わく、 貧しくして諂う(へつらう)こと無く、…

論語 学而第一14『子曰、君子食無求飽(君子は食飽かんことを求むること無く)』

原文: 子曰、君子食無求飽、居無求安、敏於事而慎於言、就有道而正焉、可謂好学也已矣、 読下し文: 子の曰わく、君子は食飽かんことを求むること無く、居安らかんことを求むること無し。事に敏にして言に慎み、有道に就きて正す。学を好むと謂うべきのみ。…

論語 学而第一13『有子曰、信近於義(信、義に近ければ)』

原文: 有子曰、信近於義、言可復也、恭近於礼、遠恥辱也、因不失其親、亦可宗也、 読下し文: 有子が曰わく、信、義に近ければ、言復むべし。恭、礼に近ければ、恥辱に遠ざかる。因ること、其の親を失わざれば、亦た宗(そう)とすべし。 現代語訳: 有子は…

論語 学而第一12『有子曰、礼之用和為貴(礼の用は和を貴しと為す)』

原文: 有子曰、礼之用和為貴、先王之道斯為美、小大由之、有所不行、知和而和、不以礼節之、亦不可行也、 読下し文: 有子が曰わく、礼の用は和を貴しと為す。先王の道も斯れを美と為す。小大これに由るも行なわれざる所あり。和を知りて和すれども、礼を以…

論語 学而第一11『子曰、父在観其志(父在せば其の志を観)』

原文: 子曰、父在観其志、父没観其行、三年無改於父之道、可謂孝矣、 読下し文: 子の曰わく、 父在(いま)せば其の志を観(み)、父没すれば其の行いを観る。三年、父の道を改むるなきは、孝と謂(い)うべし。』 現代語訳: 先生はおっしゃいました。「…

論語 学而第一10『子禽問於子貢曰、夫子至於是邦也(夫子の是の邦に至るや)』

原文: 子禽問於子貢曰、夫子至於是邦也、必聞其政、求之興、抑興之興、子貢曰、夫子温良恭儉譲以得之、夫子之求之也、其諸異乎人之求之與、 読下し文: 子禽、子貢に問いて曰く、夫子の是の邦に至るや、必らず其の政を聞く。これを求めたるか、抑も(そもそ…

PS4のメディアプレイヤーが「3.0」にアップデート

www.jp.playstation.com Ver3.0の改善点は以下の2つです。 PS4 Proで4K動画の再生が可能になった。 PlayStation VRで4Kの360度動画が再生できるようになった。

論語 学而第一9『曾子曰、慎終追遠(終わりを慎み遠きを追えば)』

原文: 曾子曰、慎終追遠、民徳帰厚矣、 読下し文: 曾子の曰わく、終わりを慎み遠きを追えば、民の徳、厚きに帰す。 現代語訳: 曾子はおっしゃいました。 「上にたつ者が、亡くなった者を丁重に弔い、先人たちを厚く敬えば、国民の国を想う心も、それに感…

論語 学而第一8『子曰、君子不重則不威(君子、重からざれば則ち威あらず)』

原文: 子曰、君子不重則不威、学則不個、主忠信、無友不如己者、過則勿憚改、 読下し文: 子の曰わく、君子、重からざれば則ち威あらず。学べば則ち固ならず。忠信を主とし、己に如かざる者を友とすること無かれ。過ちてば則ち改むるに憚る(はばかる)こと…

大分県に来てます。

今日は所属している団体の行事で大分県に来てます。(^_^) なので更新はお休みです。 本来ならこんなことをわざわざ書かなくても良いとは思うのですが、毎日書くのが目標なので例外をつくるのもダメかな?っと思って一応(^^ゞ でもやっぱりスマホから更新はち…

論語 学而第一7『子夏曰、賢賢易色(賢を賢として色に易え)』

原文: 子夏曰、賢賢易色、事父母能竭其力、事君能致其身、与朋友交、言而有信、雖曰未学、吾必謂之学矣。 読下し文: 子夏が曰わく、賢を賢として色に易(か)え、父母に事(つか)えては能く其の力を竭(つく)し、君に事えて能くその身を致し、朋友と交わ…

論語 学而第一6『子曰、弟子入則孝(弟子、入りては則ち孝)』

原文: 子曰、弟子入則孝、出則悌、謹而信、汎愛衆而親仁、行有余力、則以学文、 読下し文: 子の曰わく、弟子、入りては則ち孝、出でては則ち悌、謹しみて信あり、汎(ひろ)く衆を愛して仁に親しみ、行ないて余力あれば、則ち以つて文を学ぶ。 現代語訳: …

論語 学而第一5『子曰、道千乗之国(千乗の国を導くに)』

原文: 子曰、道千乗之国、敬事而信、節用而愛人、使民以時。 読下し文: 子の曰わく、千乗の国を導くに、事を敬んて信、用を節して人を愛し、民を使うに時を以てす。 現代語訳: 先生はおっしゃいました。「諸侯の国を良く治めるには、慎重に事業を選び、一…

論語 学而第一4『曾子曰、吾日三省吾身(吾れ日に三たび吾が身を省みる)』

原文: 曾子曰、吾日三省吾身、 為人謀而忠乎、 与朋友交言而不信乎、 伝不習乎、 読下し文: 曾子のわ曰く、吾(わ)れ日に三たび吾が身を省みる。 人の為めに謀りて忠ならざるか、 朋友と交わりて信ならざるか、 習わざるを伝うるか。 現代語訳: 曾子はお…

PS3が生産終了? 『CECH-4300』が近日出荷完了予定に…

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)がPS3の最新モデル「CECH-4300C」が「近日出荷完了予定」であることを公式Webサイト上で告知しました。新型の発表がされていないことから、事実上PS3シリーズが生産終了されるものと見られます。 nlab.itm…

論語 学而第一3『 子曰、巧言令色…』

原文:子曰、巧言令色、鮮矣仁、 読下し文: 子の曰わく、巧言令色、鮮(すく)なし仁。 現代語訳: 先生はおっしゃいました、「人から気に入られたいと口先だけうまいことを言って中身が伴わない人間には、仁の徳などほとんどないものだよ」

論語 学而第一2『有子曰、其為人也(其の人と為りや)』

原文: 有子曰、其為人也、孝弟而好犯上者、鮮矣、 不好犯上而好作乱者、未之有也、君子務本、本立而道生、孝弟也者、其為仁之本與、 読下し文: 有子が曰わく、其の人と為りや、孝弟(こうてい)にして上を犯すを好む者は鮮(すく)なし。 上を犯すことを好…

論語 学而第一1『子曰、学而時習之(学びて時にこれを習う)』

原文: 子曰、学而時習之、不亦説乎、 有朋自遠方来、不亦楽乎、 人不知而不慍、不亦君子乎、 読下し文: 子の曰わく、 学びて時にこれを習う、亦た説(よろこ)ばしからずや。 朋あり、遠方より来たる、亦た楽しからずや。 人知らずして慍(うら)みず、亦た君…

万博の大阪誘致が、「関西弁版」報告書案がのせいでなんだかゴチャゴチャしている…

2025年国際博覧会の大阪誘致を目指して、経済産業省が作成した報告書の「関西弁版」が批判を受けているらしい。 mainichi.jp

「世界の亀山モデル」の終焉

シャープが、2018年にも液晶テレビの国内生産から撤退する方針だそうです。 理由は生産設備の老朽化により、海外の工場に比べて生産効率が悪からだとのこと。 約2千人が働く亀山工場は今後、スマートフォンやタブレットなどの中小型液晶パネルの生産に…

森友学園と『教育勅語』の後先

現在、絶賛世間をお騒がせしている森友学園ですが、「毎朝、日の丸を前に、園児が「君が代」を斉唱するだけでなく、教育勅語や五箇条の御誓文の朗唱も行われる。」とのことで、教育勅語もなんだか悪く言われているらしいです。 news.nicovideo.jp

『阿久悠 作詞家憲法』について考える。

先日、撮りためておいたビデオで観た「ザ・プロファイラー ~夢と野望の人生~」の阿久悠さんの回で紹介されていた『阿久悠 作詞家憲法』が面白かったので、全文を紹介させてもらいます。 阿久悠 作詞家憲法 美空ひばりによって完成したと思える流行歌の本道…

『リフレーミング』について考える。

とあるシューズメーカーのセールスマン2人が、会社からの指示で赴いたアフリカのある新興国家に靴の市場調査から帰ってきました。 1人のセールスマンは言いました。 「あの国では靴は売れません。あの国では誰も靴なんて履いてないんですから」。 しかし、…

『もう、不満は言わない』ようにします!

「 21日間、不平不満を言わなければ、人生が変わる。」 カンザスシティで牧師をされているウィル・ボウエンさんが、ふとした思いつきで日曜礼拝のときに信者さん達に配った紫色のシリコンブレスレット。 「まずブレスレットを右腕か左腕のどちらかに付けて…

今日で東日本大震災から6年が経ちました。

mainichi.jp nakaticoは昔趣味で小説を書いていました。 まあ、とても人様にお見せできるような出来ではないんですけどね。(^^ゞ でも、また時間があったら書いてみたいと思います。(^_^)

韓国のパク・クネ大統領、 ホントに弾劾される。

nakaticoは現在無職なので、たまにハロワに行かなきゃなのですが、今日たまたまハロワで順番待ちをしている最中、スマホに号外で入ってきたのが、この韓国大統領の弾劾罷免のニュースでした。 www.newsweekjapan.jp パク・クネさん、まさかホントに弾劾され…

クロ(ネ)コの悲鳴

nakaticoがアマゾンをはじめて利用したのは、確か2003年ごろだったと思います。もうネット通販を使い始めて15年ぐらい経つことになりますね。時が経つのは本当に早いものです。 最初は本当に来るものなのか半信半疑でしたが、注文した商品がちゃんと配達さ…

初心備忘録

『初心、忘れるべからず』とはよく言いますが、やっぱり忘れるものは忘れちゃうもんですよね?(・ω・) nakaticoも、前にもはてなブログやっていて、読者の方も60人ぐらいはいらっしゃったんですけど、最初は調子よく更新していた記事の内容も、続けている…

「サヨナラ、きりたんぽ」よ、さようなら。

4月から放送予定の、渡辺麻友(AKB48)主演の連続ドラマ「サヨナラ、きりたんぽ」のタイトルが、秋田県からの苦情で現在は「タイトル未定」となっているらしいです。 苦情の内容は、「郷土料理であるきりたんぽのイメージを損ねる」だとのこと。 www.hochi.…