雑記ブログ。あと自論。名前はまだない。

気がついたら論語を読んだ感想がメインのブログになってしまいました。そのうち何とかします。後、下らない小話的自作小説も書いていますのでお時間があれば是非!

論語 八佾第三3『子曰、人而不仁(人にして不仁ならば)』

原文:

子曰、人而不仁、如禮何、人而不仁、如樂何、

読下し文:

子の曰わく、人にして不仁ならば、礼を如何(いかん)。人にして仁ならずんば、楽を如何。

現代語訳:

先生はおっしゃいました。「思いやりの心がない者が、上辺だけの礼儀を身に付けても意味がありません。慈愛の心がない者が、技術だけで音楽を奏でても意味がありません。」

 

続きを読む

論語 八佾第三2『三家者以雍徹、子曰、相維辟公(相くるは維れ辟公)』

原文:

三家者以雍徹、子曰、相維辟公、天子穆穆、奚取於三家之堂、

読下し文:

三家者、雍を以て徹す。子の曰わく、相(たす)くるは維(こ)れ辟公(へきこう)、天子は穆穆(ぼくぼく)と。奚(な)んぞ三家の堂に取らん。

現代語訳:

三家では、廟(おたまや)の祭りに雍の詩を歌って供物を捧げていた。先生はおっしゃいました。「雍の詩には『政を助けるのは諸侯達、天子は玉座にあって威厳を正している』とあります。雍の詩は天子の祭りごとで使われるもので、三家の祭りで歌われるような性質のものではありません。」

 

続きを読む

「障害者に冷たい社会」の正体

f:id:nakatico:20170731221457p:plain

  早いもので、7月26日で戦後最大の大量殺人事件といわれる相模原障害者施設殺傷事件から一年が経ちました。

 

www.nikkei.com

続きを読む

論語 八佾第三1『孔子謂季氏、八佾舞於庭(八佾、庭に舞わす)』

原文:

孔子謂季氏、八佾舞於庭、是可忍也、孰不可忍也、

読下し文:

孔子、季氏を謂わく、八佾、庭に舞わす、是をも忍ぶべくんば、孰れをか忍ぶべからざらん。

現代語訳:

先生は季氏を批評してこう言われました。「八列の舞を廟の庭で舞わせている。こんな非礼までもが許されるのなら、どんなことでも許されるだろう」

 

続きを読む

論語 為政第二24『子曰、非其鬼而祭之(其の鬼に非ずしてこれを祭るは)』

原文:

子曰、非其鬼而祭之、諂也、見義不為、無勇也、

読下し文:

子の曰わく、其の鬼に非ずしてこれを祭るは、諂(へつら)いなり。義を見て為ざるは、勇なきなり。

現代語訳:

先生はおっしゃいました。「自分の家に関係ないものを祭るのは、御利益を当てにした諂った行いです。何を行うべきかわかっていながら実行できないでいるのは、勇気がないからです。」

 

続きを読む

論語 為政第二23『子張問、十世可知也(十世知るべきか)』

原文:

子張問、十世可知也、子曰、殷因於夏禮、所損益可知也、周因於殷禮、所損益可知也、其或継周者、雖百世亦可知也、

読下し文:

子張問う、十世知るべきか。子の曰わく、殷は夏の礼に因る、損益する所知るべきなり。周は殷の礼に因る、損益する所知るべきなり。其れ或いは周に継ぐものは、百世と雖(いえ)ども知るべきなり。

現代語訳:

子張が先生に「十世代後のことがわかりますか」と尋ねました。先生はおっしゃいました。「殷はその前の王朝である夏の制度やしきたりを受け継いでいます。いくつか変更した部分はありますが、根本は変わっていません。周はその前の王朝である殷の制度やしきたりを受け継いでいます。いくつか変更した部分はありますが、これもまた根本は変わっていません。物事の本質はいつの時代も同じなのです。ですから現代を参考にすれば、百世代後でも理解することができます。」

 

続きを読む

ポストスマートフォン「AIスピーカー」の可能性と将来性

f:id:nakatico:20170729195253j:plain

 

 現在、 Amazon Echo(アマゾンエコー)という商品がアメリカで流行しているそうです。AIスピーカーと総称される商品であるAmazon Echoのアメリカでの成功を受けて、2016年からGoogle社がGoogle Homeで市場に参入。そして今年はApple社やMicrosoft社も市場に参入することを発表しています。

 

Amazon Echo

www.youtube.com

Google Home

www.youtube.com

続きを読む